日本国内唯一のラベル関連専門紙

海外視察ツアー 企画

ラベル新聞社は、年1~2回海外視察ツアーを開催しています。世界最大の見本市「ラベルエキスポ」はベルギーとシカゴで隔年開催、印刷業界最大の展示会「drupa」は4年に1度と、主要な展示会に合わせ、市場視察や企業視察などを絡めた視察ツアーを企画し毎年多くの参加を頂いております。
 
同ツアーは、ラベル業界の実態に適した内容となっています。業界が抱える課題を異国の同業者と分かち合い、ビジネスモデルを共有化することで、業界をリードする企業への発展の可能性を高めます。また、ツアー中は参加者同士が懇親する場も多く設け、その中でお互いをよく知ることで、帰国後のネットワーク構築にも役立っています。
40年の歴史を誇る業界専門紙だからこそ、さまざまな参加メリットを実現する当ツアーに、ぜひご参加ください。
 
1. 多くの実績を誇る安心・安全な視察ツアー
① 展示会の見どころ等、詳細情報を事前に配信
② ラベル業界専門記者による見どころ・ポイント解説
③ 帰国後には、画像データを含む詳細レポートを配信
④ 当ツアー参加者のみを対象とする企業プレゼンテーションツアーを用意。イヤホンガイドを通じて日本語通訳が解説
④ 出展各社との商談等セッティングサポート
 
2. ビジネスヒントが得られる企業視察
① 経営陣との懇談・質疑応答時間のセット
② 関係者による説明を聞きながらの丁寧な工場視察
③ 業界用語に対応した通訳
④ 帰国後には参加者のみが得られる企業情報を配信
 
次回は「ラベルエキスポアメリカ2014視察ツアー」を予定しています。ラベルエキスポアメリカ2014は、2014年9月9日(火)から3日間開催を予定しており、その前後で企業視察を絡めて視察ツアーを開催いたします。詳細は2014年3月頃発表を予定しています。
 
詳細を希望される方は、以下メールにお問い合わせ下さい。
ラベル新聞社 視察ツアー担当:

市場

8%、10%と2度にわたる消費税率引き上げで、事業者の負担を考慮して設けられていた特例期間が2021年3月31日㈬を持って終了する。翌4月1日㈭からは消費税の「総額表示方式」施行により、商品の総額表示が義務化される。同制度は、消費者に対して商品やサービスを提供する課税事業者が行う価格表示を対象とするもの。

紙面から

▼新型コロナ感染拡大の抑止を目的とした緊急事態宣言が19都道府県で、またまん延防止等重点措置が8県で9月30日まで延長。国民のワクチン2回接種率が50%を超え、感染者数の増加も峠を越した感があるが、気の緩みは禁物。ウイルスの変異株が次々と明らかになり、ワクチン抗体を突破する「ブレークスルー」感染も。コロナ収束のため、さらなる“がまん”が求められる


ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105