日本国内唯一のラベル関連専門紙

コニカミノルタ、デジタル印刷機の設置台数が伸長

コニカミノルタはこのほど、電子写真方式のデジタルラベル印刷機「AccurioLabel 190」の設置台数がグローバルにおいて250台を達成したことを発表した。

同機は2016年4月の販売開始以来、多品種小ロット・短納期化が進行しているラベル業界に対し、導入しやすい価格帯の機種として支持されてきた。先日開催された「IGAS2018」では、白印刷や後加工機との連動性、プリプレス自動化のソフトウエア(参考出品含む)が発表されるなど、対応力も拡張。デジタル印刷の生産性・付加価値を高めるソリューションを展開している。
同社は「安定した高品位印刷によって、ラベル製造業の皆さまから好評価を得ている」とコメントする。
 
(2018年10月1日号掲載)

市場

CCLジャパン(株)はこのほど、2020年1月1日からチェックポイントシステムジャパン(株)と組織および社名変更すると発表した。
 
これまでCCLグループ(本社・カナダ)のチェックポイント事業は、チェックポイントジャパン(株)が日本法人として展開してきた。

紙面から

UPMラフラタック(フィンランド)はこのほど、木質系PPフィルム「フォレストフィルム」をベースとした環境対応型フィルム系粘着紙のラインアップに白色タイプ「フォレスト PP ホワイト」を追加。日本市場に対しては現在、UPMキュンメネジャパン株式会社(東京都千代田区永田町、富永達之助社長、TEL03−6205−8130)を通じて販売を開始している。


ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105