日本国内唯一のラベル関連専門紙

米ウォーネカー社、プライムファイア106をアメリカで初導入

ハイデルベルグ(Heidelberger Druckmaschinen AG)はこのほど、紙器パッケージなどを手掛けるウォーネカー・ペーパー・ボックス(Warneke Paper Box、米・コロラド州デンバー)が水性インクジェット(IJ)印刷機、プライムファイア106(Primefire 106)を、アメリカで初めて設備したと発表した。

ウォーネカーは今後、最新の7色IJ印刷機の稼働によって、ユーザーの短期キャンペーン需要及び、セキュリティ強化のための可変情報印刷への対応をさらに強化。ビジネス拡大につなげる。
プライムファイア106は、解像度1,200×1,200dpi、印刷速度は毎時2,500枚で、月間150万枚の印刷も可能。短時間でジョブチェンジできることも特徴だ。ダイレクト・トゥ・シートの7色イメージングと優れたカラーレジストレーションにより、偽造防止パッケージ設計のために独自のセキュリティ印刷機能を可変コンテンツと共に組み込める。
ウォーネカー社のステーシー・ウォーネカー社長兼CEOは「最先端の技術をアメリカで初めて事業に活用できることに興奮を覚える」とコメントしている。

市場

CCLジャパン(株)はこのほど、2020年1月1日からチェックポイントシステムジャパン(株)と組織および社名変更すると発表した。
 
これまでCCLグループ(本社・カナダ)のチェックポイント事業は、チェックポイントジャパン(株)が日本法人として展開してきた。

展示会

6月20日から5泊7日の日程で実施予定だったラベル新聞社企画の「drupa2020視察ツアー」は、
主催社(メッセデュッセルドルフ)による同展延期の発表を受け、中止となった。
世界中で発生している新型コロナウイルスの影響を受けてのもの。
 

ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105