日本国内唯一のラベル関連専門紙

ヴィープス、9月7日(金)にオープンセミナー開催 “生き残り”若手3者が討議

任意団体ヴィープス(宍戸伊助チェアマン)は9月7日(金)午後4時から、東京都千代田区平川町のホテルルポール麹町で「秋季オープンセミナー」を開催する。

当日は「若きリーダーに学ぶ生き残りの法則」をテーマに、2時間のパネルディスカッションを実施。オープンセミナーの開催は2年振り2回目となる。
「イノベーションをいかに呼び込み持続させるか」「自社のポジショニング分析」「人材マネジメント術」「次の脅威」、といったセッションテーマを討議する30代、40代のパネラー3者は次の通り。▽田中祐氏(山王テクノアーツ㈱代表取締役社長)▽窪田祐一氏(㈱サニー・シーリング代表取締役社長)▽佐藤紘之氏(丸天産業㈱常務取締役)
オープンセミナーは、ヴィープス会員外でも無料で聴講できる。セミナー終了後、午後6時からは同所でパネラー、参加者を交えて懇親会を実施。
イベントの詳細と申し込みは、ヴィープスホームページ(http://www.vieps.net/)で。
 
宍戸チェアマンコメント
パネラー3社は、いずれも過去にヴィープスで講演いただいた企業だ。市場を読むマーケティング力に長け独自路線を歩む田中社長には経営戦略の本質を、佐藤常務には製品へいかに付加価値をつけて売るかというノウハウを自社で構築した地方企業の事例を。また、窪田社長にはサニー・シーリングの「品質管理」を支える根幹、人材育成とマネジメント術の神髄をそれぞれお聞きする予定だ。
それぞれ個性に満ちた3社が一堂に会する機会は大変希少。内々だけではもったいないと考え、会員外にも聞いてもらいたいとの思いで公開型のセミナーとした。経営戦略のヒントが必ず落ちている。ぜひ聴講し、皆で対話する機会としていただければ。
 
【応募締切は8月31日(金)まで】
 
(2018年7月15日号掲載)

ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105