日本国内唯一のラベル関連専門紙

源祐、高速加工・検査システム開発 ブランクラベルなど仕上げ対応

(株)源祐(大阪市西淀川区千舟、渡邊宅己社長、TEL06-6745-5358)はこのほど、ラベルの仕上げと検査を同時に高速でこなす後加工・検査システム「GC-330D」を開発した。抜きやカス上げ、ラベル移行、スリットなどの仕上げ加工に加え、ラベル検査と不良品の貼り替えといった工程をワンパスで対応。作業の効率化に貢献する。

新システムは、サーマルなどのブランクラベルに対する仕上げ加工を目的に開発されたもの。可変情報の表示に使用されるブランクラベルは近年、需要が増加傾向にあるが、基材表面が無地のために検査が難しく、検査をスムーズに行えるシステムのニーズが高まっていた。これに対して同社では、独自技術による検査機構を開発。赤テープやラベル抜け、カス残り、ピッチずれなどの検査を実現した。同機構にはCCDカメラを採用し、ラベル全面の検査に対応することから、インラインによるブランクラベルの仕上げのほか、オフラインとしての活用も可能となっている。
最大紙幅は330ミリ、最大巻出径は650ミリで、最大加工スピードは分速150メートル。スリット加工と検査を1工程でこなす構造のため、高速稼働中での不良検出による停止から処理後の再稼働に関しては高い精度が要求されるが、同社ではこれまで培った凸版輪転機の技術開発力を生かし、これを克服している。
ラベル移行に関して、渡邊社長は「高速加工の場合、抜きムラを抑制するため、通常よりも抜き圧を強くするが、その場合、刃型の抜きあとに粘着剤が入り込んでしまい、ラベリングの際にトラブルが生じるといった課題があった。当システムではラベル移行装置の搭載により、トラブルを抑制できる」と説明。なお、同社にとって初のラベル検査システム開発となったが、「装置の搭載に経験がなかったものの、試行錯誤の末、ニーズに応えられるシステムが完成したと自負している」とコメントする。
今後の展開について、同社では主力の凸版輪転機をはじめ、リンクラベルマシナリー(台湾)の凸版間欠機や後加工機に加え、新たにGC-330Dをラインアップしたことにより、ラベル市場のニーズに幅広く対応する方針。
 
(2018年6月1日号掲載)

ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105