日本国内唯一のラベル関連専門紙

DKSHジャパン、高耐久性ドクターブレード販売 フレキソ印刷向け 英エスターラムと契約

DKSHジャパン(株)(東京都港区三田、マイケル・ロフラード社長、TEL03-5730-7600)はこのほど、英エスターラムとフレキソ印刷向けドクターブレードに関する総代理店契約を締結。ラベルやパッケージ印刷市場に向けて本格的な販売を開始した。

エスターラムは1984年、世界初のプラスチック製ドクターブレードメーカーとして設立。以降、欧米を中心に販売展開し、100カ国以上で採用されている。同社製品における最大の特徴は、原料のポリエステルを独自技術で二軸延伸加工し、ポリマーを分子レベルで配列することにより、温度変化や溶剤、摩耗性などに対する耐性を図った点。
フレキソ印刷のドクターブレードにはこれまで、スチール製が多く活用されていた。しかし、印刷時の摩耗によって金属片がアニロックスロールのセル内に混入し、安定したインキ供給に支障をきたすなど、印刷品質が低下する課題があった。またプラスチックベースのブレードも使用されているが、製造方法は押出成形樹脂が一般的で、使用時に軟化や変形、摩耗などが生じるため、ロングラン印刷で頻繁にブレードを交換する必要があった。
同社製品はこのような課題を克服する耐久性を実現するとともに、弾性や形状の現状復帰性にも優れることから、インキスピッティング(飛び散り)が発生せず、常に安定した印刷品質を長期間にわたって可能にする。刃先厚は、1ミリ、0.75ミリ、0.6ミリなどをラインアップ。UVや水性、溶剤といったすべてのフレキソ印刷に対応する。
DKSHジャパンでは「国内ラベル印刷会社によるテスト結果では、高評価を得ている。現在、サンプルを無償で提供しており、フレキソユーザーから相談を賜りたい」と話している。
 
(2018年6月1日号掲載)

団体

FINATはこのほど、ラベル分野の国際的なコンテスト「#LABELicious」を実施すると発表した。若手業界人を対象に、ラベル分野の創造性に富み、技術的に優れ、業界のリーダーシップを将来的にも採れるスキルへの関心を高めることなどが狙い。


ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105