日本国内唯一のラベル関連専門紙

武藤工業、ラベル向け新型IJP開発 新MPインク採用、白含む5色印刷も

武藤工業(株)(東京都世田谷区池尻、早川信正社長、TEL03-6758-7000)はこのほど、インクジェットプリンタ(IJP)「ValueJet」シリーズの新機種「VJ-628MP」を開発した。630ミリ幅のロールメディア対応となっており、多品種小ロット向けのラベルやステッカー、パッケージ製造に最適な小型機としてPRに努める。

新機種は、ピエゾIJ方式を採用。最大印刷幅は620ミリで、色数はプロセス4色と白インクを加えた5色のモード選択が可能となっている。さらにプラテンヒーターとブロアーヒーターを搭載し、乾燥性の向上が図られている。
また、独自開発した「MP(マルチパーパス)インク」の新製品「MP31インク」を採用し、IJヘッドの吐出安定性を向上。シームレスな印刷に加え、UVインクよりも凹凸の少ない平滑性を可能にする。
MPインクは、溶剤インクに植物由来成分を配合し、UVインクと同様、PETや合成紙など基材を選ぶことなく幅広く対応する。さらに耐候性や耐摩擦性、高い発色性を実現する一方で、伸縮にも優れることから、追従性の高さを求められるラベルに適する特徴を持つ。
 
 
(2018年5月1日号掲載)

団体

FINATはこのほど、ラベル分野の国際的なコンテスト「#LABELicious」を実施すると発表した。若手業界人を対象に、ラベル分野の創造性に富み、技術的に優れ、業界のリーダーシップを将来的にも採れるスキルへの関心を高めることなどが狙い。


ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105