日本国内唯一のラベル関連専門紙

2018中部パック開催 ポートメッセなごやで4月18日から 包装資機材など多数

2018中部パック」が4月18日(水)から21日(土)までの4日間、名古屋市港区金城ふ頭のポートメッセなごやで開催される。主催は(一社)中部包装食品機械工業会(梅森輝信会長)。

同展は原料や加工製造機器のほか包装機械や物流機器、包材メーカーやパッケージ印刷会社など、包装に関わる機器や技術が一堂に介する総合展。1979年の初回開催後、中部地区で催される産業展でも屈指の存在となり、2年前の前回展に6万7634人が来場した。
21回目の今回の開催テーマは『包みたいものがきっとある』。241の出展社数、703小間の規模で原料・製造・包装・物流とトータルで展示する。主な出展社はイーデーエムイシダ総合システム岩崎通信機エスコグラフィックスタカヨシダックエンジニアリングビデオジェット・エックスライトミマキエンジニアリングなど。
また会期中は、出展社らによる「プレゼンテーションセミナー」が開催されるほか、3Fの交流センターで「特別講演会」を毎日実施。このうち4月19日(木)午後1時30分から、消費者問題研究所代表で食品問題評論家・食アドバイザーの垣田達哉氏が「食の2020年問題〜食品業界、2020年を境に何が起きる〜」をテーマに講演する。
開催時間は午前10時から午後5時まで。入場料は1,000円で、招待券持参または専用ホームページ(https://www.chubupack.or.jp/)から事前登録すると無料になる。
 
(2018年3月15日号掲載)

ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105