日本国内唯一のラベル関連専門紙

加工技術研究会、2月14日から新機能性材料展ほか開催

「新機能性材料展」など関連3展で構成する「コンバーティングテクノロジー総合展2018」が2月14日(水)から3日間、江東区有明の東京ビッグサイトで開催される。主催は(株)加工技術研究会

同展は表面加工技術や機能性材料、高機能フィルムに関する総合イベント。200社以上の出展を見込むなか、ラベル業界からも基材や技術を披露する。主な出展は▽ウシオ電機コニカミノルタジャパンサニー・シーリング大王製紙ダックエンジニアリング塚谷刃物製作所東洋インキ日栄化工浜松ホトニクス村田金箔グループ▽リンテック、ほか。
また、木の繊維を紙に活用した「セルロースナノファイバー」のセミナーを開催。2月16日(金)午前10時30分からは、大阪大学産業科学研究所が「電子デバイス応用に向けたセルロースナノファイバー材料開発」をテーマに基調講演する。
展示会の開催時間は午前10時から午後5時までで、入場は事前の登録で無料。
 
 
(2018年2月1日号掲載)

ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105