日本国内唯一のラベル関連専門紙

キヤノンITソリューションズ、越境ECセミナー ラベル活用事例も

キヤノンITソリューションズ(株)(東京都品川区東品川、神森晶久社長、TEL03-6741-9181)は9月28日(木)午後2時から、本社でセミナー「Made in Japanの品質を世界に〜海外販路拡大の現状と対策〜」を行う。

同セミナーは、越境ECの最新情報や先進的な事例・ノウハウを紹介するという趣旨。伊藤正紀上席執行役員による「日本ブランドと消費者を守る(スマホ時代のオンライン型模倣品対策)」では、同社が提供する真がん判定システム「C2V Connected」を活用したセキュリティーラベルの事例が解説される。
定員は先着50人で、参加費は無料。申し込みは専用ウェブサイト(https://reg.canon-its.co.jp/public/seminar/view/691)。
 
 
(2017年9月15日号掲載)

団体

段階的な適用が進む改正食品衛生法の一部が6月1日、施行された。同法における改正内容は7項目で、今年は4項目を実施。すべての食品等事業者を対象とした「国際衛生基準のHACCAPに沿った衛生管理」の制度化が、1年間の移行猶予期間を以て施行された。

展示会

Event Image
新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が5月25日に解除され、中止もしくは延期となっていた展示会の日程が明らかになりつつある。なお、2020年下期から2021年上期にかけて、ラベル関連の主な展示会やセミナーは以下の通り。
※2020年9月14日現在、最新の情報はイベントサイトなどで直接確認下さい

ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105