日本国内唯一のラベル関連専門紙

ベルギーで「ザイコンカフェ」開催 「IJ」方式の開発を発表 XEIKON PX3000

ザイコン(フリントグループ・デジタルソリューションディビジョン、本社オランダ)は3月28日から4日間、ベルギーの製造兼開発センターで「ザイコンカフェ」を開催。会期中には42社のパートナー企業が出展したほか、イベントに合わせて開発したUVインクジェット(IJ)技術「パンサーテクノロジー」をベースとしたデジタルラベル印刷機「XEIKON PX3000」を初披露。従来の電子写真方式(EP)に加え、UVIJへの参入を明らかにした。今後はトナーとIJ技術の両輪で、ラベル・パッケージ市場へ展開していく。

ザイコンカフェは、同社ユーザーのほか将来の顧客候補のラベル・パッケージ印刷会社を招き、デジタル化のシフトを支援するオープン型イベント。3回目となった今回、前回から17社増となったパートナー企業らのデジタル印刷機や後加工機、ソフトウェア、素材といったさまざまな技術や製品が披露された。
ザイコンカフェの初日、同社の基幹技術であるドライトナー方式に加え、新たにパンサーテクノロジーと称するUVIJ方式のデジタル印刷機を発表。ドライトナーが苦手とする領域の補完を目的としたXEIKON PX3000を通じて、UVIJ技術に進出することを明らかにした。
コンセプトモデルの仕様は、解像度が600dpiで最大速度は毎分50メートル、紙幅は最大350ミリ。CMYKとホワイトの5色で、高耐久性が求められる工業分野をはじめ、光沢感を利点に化粧品分野や食品・飲料分野へ提案していく。
 
〈写真〉初披露の「XEIKON PX3000」は多くの注目を浴びた
 
 
(2017年4月1日号掲載)

市場

8%、10%と2度にわたる消費税率引き上げで、事業者の負担を考慮して設けられていた特例期間が2021年3月31日㈬を持って終了する。翌4月1日㈭からは消費税の「総額表示方式」施行により、商品の総額表示が義務化される。同制度は、消費者に対して商品やサービスを提供する課税事業者が行う価格表示を対象とするもの。

紙面から

㈱ミヤコシ(千葉県習志野市津田沼、宮腰亨社長、☎047-493-3854)は、ラベル向けオフセット間欠機「MLP」シリーズとして“ウルトラコンパクト”と称するエントリーモデルの「MLP10i」と、ミドルレンジモデルの「同13M」を開発。既存機のハイエンドモデル「同13C」と併せて、ラベルの高品位印刷に取り組む印刷会社へPRを展開し、販売に力を注ぐ。


ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105