日本国内唯一のラベル関連専門紙

T&K TOKA、省電力UV用新ブランドは「UV CORE」 オフ用3種ほかラベル用も

(株)T&K TOKA(埼玉県入間郡三芳町、増田至克社長、TEL049-258-1611)は昨年12月、省電力UV向けインキの新ブランドを発表。「ベストキュアUV CORE(コア)シリーズ」を立ち上げ、商業印刷・紙器向けの紙用UVオフセットインキ「同タイプA」を上市した。1日に同社で行われた記者発表会では、シール・ラベル用を含む全6モデルを一挙公開。今後、LED-UVなど省電力UVシステムに向けた次世代インキの拡充を図る。

商業印刷分野では近年、油性オフからUVオフへの切り替えが進む。油性オフが抱えるブロッキングや擦過の解消、パウダー不要というUVの特性が、効率化や短納期対応のニーズと合致。またLED-UV照射装置の高出力化に伴い、広幅の印刷機にも適用可能となったことで、特に同装置を実装するオフセット機の導入が増加中だ。
T&K TOKAは昨年12月、これら印刷機向けの新ブランド「ベストキュア UV COREシリーズ」を発表。「減灯(メタルハライドランプ)」「オゾンレスランプ」「LED-UV」と方式・波長が異なる〝省電力UV〟に対して「どんなUV照射装置にも対応する新ブランド」(同社)をコンセプトに複数の省電力用インキの統一化を狙う。
昨年発売した商業印刷・紙器向けの紙用「タイプA」は、標準モデルのほか乾燥性・耐摩擦性重視の「AW」、光沢重視の「AG」の3種がそろう。また1日に本社で行われた記者発表の席で「処方を最適化し硬化性と密着性を高レベルで両立した」(同)フィルム用「タイプD」を新たに発表した。
このほか▽タイプB(オフ輪用)▽同H(シール・ラベル用)▽同O(OPニス)▽同P(フレキソ用)、と、印刷方式・用途別に合計6種のラインアップを公開。また開発中として2種▽タイプF(ビジネスフォーム用)▽同G(水なしオフセット用)、の存在も明らかにした。
同社は「油性からの切り替えを支援しUV化を促進する、UV COREの高品質性と高生産性を体感いだだきたい」としている。
 
(2017年3月15日号掲載)

紙面から

(株)NAロット(東京都台東区浅草、渡邉好造社長、TEL03-5849-4137)はこのほど、樹脂によって吸着する基材「タックライト」シリーズの新製品「エヴァタック オフセット」を上市。これまでインクジェットや電子写真方式に対応するラインアップを展開しており、UVオフセットに印刷適性を示す新製品でさらなる活用シーンの拡大を目指す。


ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105