日本国内唯一のラベル関連専門紙

UTECO、軟包装向けデジタルプリンタ発表 コダックが技術提供

米イーストマン・コダックのOEMパートナーである伊UTECOは今年半ば、ラベル・軟包装向けデジタルプリンタ「UTECO Sapphire EVO」を世界市場でリリースする。同機には、紙器・パッケージや建材向けフルカラーインクジェット(IJ)方式のコダック製デジタルプリンタ「Prosper 6000S」と同様のプリントヘッド等の印刷機構が搭載されており、高速印刷に基づく高い生産性を発揮する。

Prosper 6000Sは紙器パッケージに使用する紙基材に対応し、大ロットをこなす生産機という位置づけ。片面4色印刷で、印刷速度は最大毎分300メートル、対応紙幅は204〜647ミリとなっている。
この度発売されるUTECO Sapphire EVOはProsperの持つ高生産性、低コストという特長を生かしつつ、UTECO社の持つさまざまなフレキソユニットをインランで組み込めるという柔軟性を兼ねそろえたデジタル印刷機。ラベル・軟包装への活用を見込み開発が進められている。
 
 
(2017年3月15日号掲載)

市場

CCLジャパン(株)はこのほど、2020年1月1日からチェックポイントシステムジャパン(株)と組織および社名変更すると発表した。
 
これまでCCLグループ(本社・カナダ)のチェックポイント事業は、チェックポイントジャパン(株)が日本法人として展開してきた。

紙面から

UPMラフラタック(フィンランド)はこのほど、木質系PPフィルム「フォレストフィルム」をベースとした環境対応型フィルム系粘着紙のラインアップに白色タイプ「フォレスト PP ホワイト」を追加。日本市場に対しては現在、UPMキュンメネジャパン株式会社(東京都千代田区永田町、富永達之助社長、TEL03−6205−8130)を通じて販売を開始している。


ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105