日本国内唯一のラベル関連専門紙

消費者庁、「新しい洗濯表示」12月から施行 国際規格へ大幅刷新

家庭用品品質表示法に基づく繊維製品品質表示規定の改定が12月1日、施行した。日本工業規格(JIS)で規定される洗濯表示記号は、22種類から41種類に増加。新しい表示では「タンブル乾燥」や「酸素系漂白剤」といったこれまでにない記号が加わるなど、繊維情報がより消費者に提供されるようになった。

改正は、国際規格に準拠した措置。洗濯の「洗濯処理」、三角形の「漂白処理」、正方形の「乾燥処理」アイロンの形の「アイロン仕上げ処理」そして円の「商業クリーニング」の5つを基本記号とした。ここへ、洗濯処理の桶の下に一本線を加えて水流の弱さを示したり(線が増えると弱くなる)、アイロンにドットを加えて処理温度を示したり(ドットが増えると高くなる)する付加記号を設定。これに「洗濯ネット使用」「あて布使用」といった付記用語を必要に応じて併記する。
なお新しい洗濯記号は、消費者庁ホームページで閲覧できる。
 
(2016年12月15日号掲載)

紙面から

太成二葉産業(株)(大阪市東成区深江北、荻野隆社長、TEL06-6976-1121)はこのほど、香水などをラベル内に閉じ込めることで香りを長期間保持する香料ラベル「コスメルシール」を開発。化粧品やボディーケア、ハウスホールド分野に訴求している。


ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105