日本国内唯一のラベル関連専門紙

ナカバヤシが八光社を子会社化 小ロットラベル製造体制強化

アルバムやファイルの製造・販売や印刷・製本などを手がけるナカバヤシ(株)(本社・大阪市中央区北浜東、辻村肇社長、TEL06-6943-5555)は9月28日付で、ラベル印刷会社の(株)八光社(板橋区中丸町、中之庄幸三社長)の株式を買収し、完全子会社化した。ナカバヤシはこれまで、印刷製本関連事業でフォーム印刷を中心とした商業印刷を手がけることにより、ビジネス領域を拡大。同時に付帯する内容としてラベル分野にも展開してきた。近年展開している大ロットのラベル事業に加え、今回の買収に基づき小ロットのラベル印刷にも対応することで、事業拡大を目指す。

ナカバヤシでは、フォーム印刷をはじめ製本や手帳の製造、カラーコードなど情報管理用途の印刷物を製造する「印刷製本関連」、アルバムやファイル、ノート等の日用学芸品を製造・販売する「ステーショナリー関連」など7セグメントで事業を推進している。
特に、印刷製本関連事業では、フルカラー4色の高性能輪転印刷機に粘着塗工ユニットを搭載した機種を導入することで、大ロット印刷を中心にビジネスを展開。2016年3月期の売上高は271億円となっている。広報IR室の担当者は「保有する印刷機は、付加価値の高い製品が生産可能。自社ブランドのノートやアルバムの付属品として使用されるインデックスラベル、POPラベルをはじめ、物流ラベルなども受注して印刷している」と話す。
同社のビジネス傾向としては近年、ラベルの受注件数が伸長する一方で、ネット通販の普及に伴い、ラベルユーザーが必要な時に必要な数量を求めるケースが増加。納品書や送り状などで、受注1件当たりの小ロット化が顕著となっている。そのため「最低でも数10万枚を製造するタイプの既存機では、対応が困難」(同)であり、小ロットの仕事を受注した場合、他のラベル印刷会社へ外注するケースも少なくなかった。
このような状況を鑑み、同社では中期経営計画で、ラベルとパッケージを印刷製本関連事業における最重要分野に掲げ、小ロット対応も推進。同計画の一環として、八光社を完全子会社化するに至った。買収額は約3億円。
 

〈写真〉商品付随のインデックスラベルやPOPラベルも製造

 
(2016年10月15日号掲載)

紙面から

▼2019年が4兆8,135億円、対して21年は97.5%減の1,208億円。観光庁発表の訪日外国人旅行者による消費額推移だ。外国人旅行者数は3,188万人を記録したコロナ前の19年がピーク。昨年は25万人と実に99.4%減に。大きなキャリーを引いた観光客の姿が街に溢れていた日々。たった2年前の出来事が遠い幻のよう

展示会

 「第64回インターナショナル プレミアム・インセンティブショー秋2021」(㈱ビジネスガイド社主催)が2021年9月8日から3日間、東京都豊島区東池袋の池袋サンシャインシティ・コンベンションセンターで開催された。コロナ禍の消費者行動や価値観の変化を捉えた提案が並ぶ中で、シール・ラベルのほか、印刷技術を活用した製品に関心が寄せられた。


ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105