日本国内唯一のラベル関連専門紙

八田印刷紙工、本社工場を改築 品質・環境調査部門など強化

八田印刷紙工(株)(大阪市東成区東中本、下井健司社長、TEL06-6974-4455)はこのほど、本社工場を改築した。新社屋は総3階建てで延べ床面積は約200坪。1階は製造部門で、平圧機2台のほか、断裁機や打ち抜き機を設置している。2階は事務所と検査ならびに発送部門。3階は経理および管理部門と倉庫、環境調査部門となる。

同社では、ラベル印刷事業のほかに銘板や工業用部材加工事業を手がけており、現在は、工業用部材関連の割合が多くを占めている。下井社長は「特に、工業用部材に関しては近年、処理段階などで有害物質を排出しない環境対応製品のニーズが増加傾向にある。そのため、部材原料や製品を自社内で調査管理するシステムを構築したところ、ユーザーさまからの信頼が得られた。このような取り組みを推進することで、受注増加につなげていきたい」と説明。
また、今後の展開について「高品質かつ多品種小ロット・短納期のニーズが高まっており、それに対応するための設備投資や社内体制強化に努めたい。ラベル印刷事業も、継続して取り組む」と話している。
 
 
(2016年10月1日号掲載)

紙面から

リコーはこのほど、192本のレーザー光源を高速かつ独立で変調駆動させる「高出力レーザーマーカー」と、同レーザー光の波長に反応して発色する層をコーティングしたサーマルメディアの技術を開発した。ラベルやパッケージへ異なる表示を毎分300メートルで印字することが可能。同社では、大量生産ラインでも搬送スピードに追従して可変情報印字を実現する新技術として、年度内での製品化を目指している。


ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105