日本国内唯一のラベル関連専門紙

TOYOプライベートショー2016 最新のプリント技術を展示

「TOYOプライベートショー2016」が10月13日㈭と14日㈮の2日間、東京都品川区西五反田のTOC GOTANDA MESSE(TOC五反田メッセ)で開催される。主催はトーヨーコーポレーション(瀧澤泰三社長)。
同イベントは最新のプリント技術を比較でき、スクリーン印刷、デジタル印刷、シール・カード印刷、ウエア・グッズプリント、フレキソ印刷といった製品の展示やデモンストレーションが行われる。
エプソン販売は大判インクジェットプリンタ(IJP)「SureColor SC-S80650」を展示。新開発の「Ultla Chrome GS3インクwith RED」は、深く鮮やかな表現力を可能にする。
日本HPはスピンドルレスシステムを採用した新たなIJP「HP Latex560 プリンター」を出展。水性インクでありながら溶剤インクと同等のさっ過性を持つ「Latexインク」を搭載する。
グラフテックは「ラベルロボLCX603」とカッティングプロッタ2機種を披露。耐光、耐水、さっ過性を兼ね備えたラベルを作成できる。
開場時間は午前10時から午後5時まで(14日は午後6時まで)。詳細は専用HP(http://www.toyoc.co.jp/news/09/2405
 

団体

全日本印刷工業組合連合会(滝澤光正会長)は、「第14回メディア・ユニバーサルデザイン(MUD)コンペティション」の受賞企業を発表。最高位となる経済産業大臣賞に、一般の部から松本印刷㈱(静岡県榛原郡吉田町、松本憲治社長)の「災害時情報共有ツール」が、また学生の部から土川彩音さん(専門学校浜松デザインカレッジ)の「I.SCALE〜災害の見える化計〜」がそれぞれ選出された。

紙面から

全日本印刷工業組合連合会(滝澤光正会長)は、「第14回メディア・ユニバーサルデザイン(MUD)コンペティション」の受賞企業を発表。最高位となる経済産業大臣賞に、一般の部から松本印刷㈱(静岡県榛原郡吉田町、松本憲治社長)の「災害時情報共有ツール」が、また学生の部から土川彩音さん(専門学校浜松デザインカレッジ)の「I.SCALE〜災害の見える化計〜」がそれぞれ選出された。


ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105