日本国内唯一のラベル関連専門紙

静岡県、県産食品を適正表示 該当商品はマークで訴求

静岡県では2014年から、県内の食品製造施設や販売施設に対して「食品表示責任者」を養成することにより、食品表示の自主管理を促す支援活動を推進。同責任者が確認した県内産食品、または施設に「食の都ブランド適正表示マーク」を表示し、該当の食品が適正表示であることを消費者に訴求する事業を展開している。

16年8月1日現在、同マーク表示店舗は222件に達しており、今後もさらに増加する見通し。
同事業は、主原料が県内産、かつ県内で製造・加工した食品が対象。食品製造や販売に携わる事業者は、県指定の講習会を受講した食品表示責任者のもと、自主管理を行う。今年5月に開催された講習会には、県内から130人が参加。県健康福祉部生活衛生局衛生課の担当者は「事業者における食品表示に対する意識の高さをあらためて感じた」とコメントする。
同マークは、食品表示責任者が確認した県産食品において、ラベル貼付や直接印刷などにより表示が可能。また、責任者の所在する製造・加工施設や販売施設への掲示、あるいは通販等のWebで該当食品を販売している場合も、ホームページ内に掲出できる。
対象食品にラベルで同マークを貼付している食品製造会社は「消費者の信頼を獲得するなど、効果はある」と話している。
 
〈写真〉「食の都ブランド適正表示マーク」ラベルが貼られた対象商品。適正な県産食品であることを訴求
 
(2016年8月15日号掲載)

団体

全日本印刷工業組合連合会(滝澤光正会長)は、「第14回メディア・ユニバーサルデザイン(MUD)コンペティション」の受賞企業を発表。最高位となる経済産業大臣賞に、一般の部から松本印刷㈱(静岡県榛原郡吉田町、松本憲治社長)の「災害時情報共有ツール」が、また学生の部から土川彩音さん(専門学校浜松デザインカレッジ)の「I.SCALE〜災害の見える化計〜」がそれぞれ選出された。

紙面から

全日本印刷工業組合連合会(滝澤光正会長)は、「第14回メディア・ユニバーサルデザイン(MUD)コンペティション」の受賞企業を発表。最高位となる経済産業大臣賞に、一般の部から松本印刷㈱(静岡県榛原郡吉田町、松本憲治社長)の「災害時情報共有ツール」が、また学生の部から土川彩音さん(専門学校浜松デザインカレッジ)の「I.SCALE〜災害の見える化計〜」がそれぞれ選出された。


ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105