日本国内唯一のラベル関連専門紙

TOKYO PACK 2016、10月4日から セミナー併催展も充実 681社2568小間で

10月4日(火)から4日間、江東区有明の東京ビッグサイト東ホール全館で開催される(社)日本包装技術協会(JPI・浅野茂太郎会長)主催「TOKYO PACK 2016」(2016東京国際包装展)の来場事前登録が始まった。

2年周期で実施される同展は、包装に関する最新情報が一堂に集う国際包装展。包装資材、包装機械、印刷・包材加工機械、包装デザイン&コミュニケーションサービスといった分類のもと、シール・ラベル分野に関連する印刷機、デジタル機、素材など各メーカーも出展を予定する。『伝えよう、NIPPONの包装力を』の開催テーマのもと、今回681社2568小間(7月15日現在)の規模で開催される。
また会期中に実施される各種セミナーも内容が充実。このうち「医薬品包装セミナー」では、日本一般用医薬品連合会会長で興和㈱の三輪芳弘社長が「セルフメディケーション推進のための我々の取り組み」(6日(木)午後1時)を、また㈳日本病院薬剤師会の土屋文人副会長が「医薬品の包装と医療安全」(7日(金)午後1時)をテーマに講演する。
開催時間は午前10時から午後5時まで、入場は無料。セミナーのタイムテーブルや事前登録は、TOKYO PACK専用ホームページ(http://www.tokyo-pack.jp/)へ。
 
(2016年8月1日号掲載)

展示会

Event Image
新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が5月25日に解除され、中止もしくは延期となっていた展示会の日程が明らかになりつつある。なお、2020年下期から2021年上期にかけて、ラベル関連の主な展示会やセミナーは以下の通り。
※2020年9月14日現在、最新の情報はイベントサイトなどで直接確認下さい

ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105