日本国内唯一のラベル関連専門紙

JAPAN PACK 2017、10月3日から4日間 ”包程式”結集 出展募集を開始

2017年10月3日(火)から6日(金)までの4日間、東京ビッグサイトで開催される「JAPAN PACK 2017」(2017日本国際包装機械展)の出展者募集がこのほど始まった。主催は(社)日本包装機械工業会(大森利夫会長)。

JAPAN PACKは国内外の包装産業全般と関連分野を対象に、最新鋭の関連機械や技術、システムやソリューションを一堂に集めたアジア最大級の総合展示会。2年周期で開催される同展の今回の開催テーマは『新しい包程式、ここに集まる。』とした。
対象はラベラー、真空包装機、のり付け機、ブリスター包装機といった「包装機械」や包装紙、段ボール、紙器、成型容器、フィルム・シート、シール・ラベルといった「包装資材」など。当日は展示会のほかに基調講演やセミナーなども実施される。
展示スペースは1小間2.97×2.97メートル、出展料は一般が34万円、正会員が22万円(消費税別)。締切は2017年3月31日(金)となっている。なお前回の「同2015」では415社2284小間の規模で出展し、11万9317人が来場した。=写真
問い合わせは事務局(TEL03-6222-2277)まで。
 
(2016年8月1日号掲載)

展示会

Event Image
新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が5月25日に解除され、中止もしくは延期となっていた展示会の日程が明らかになりつつある。なお、2020年下期から2021年上期にかけて、ラベル関連の主な展示会やセミナーは以下の通り。
※2020年9月14日現在、最新の情報はイベントサイトなどで直接確認下さい

ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105