日本国内唯一のラベル関連専門紙

ヴィープス、「抜き加工」に焦点 メーカーら3社が講演

任意団体ヴィープス(宍戸伊助チェアマン)は4月14日、東京都中央区銀座の中小企業会館で勉強会を開催。「抜き加工」に関する内容とし、装置メーカーら3社による講演が行われて25人が参加した。

はじめに(株)恩田製作所の恩田博社長が登場して箔押し、ラミネート、抜き加工を行う代表的な「OPM-HL300-S」に触れ、構造や各機構を解説。「ユーザーの用途要望に応じ、さまざまなスタイルで提供している」と述べる同氏は、光学系フィルムの抜き加工や、万引き防止用シールに配する銅製のアンテナを抜くといった事例で、同機の守備範囲の広さを説いた。
続いて富士商工マシナリー(株)が登場。佐藤貴之部長がタッチパネル、バックライト、電池、ソーラーパネルといった同社製品の供給先と各業界の現状、トレンドを詳しく説明した。精緻な抜き精度が求められるシーンに向けた同社の豊富なプレス機を紹介しながら「ただ切るのではなく『きれいに切る・まっすぐ切る』や、印刷パターンを読み『位置補正をし、正確に貼る』の追求にフォーカスしている」と、開発の高度化に臨む同社の姿勢を語った。
最後に登場したのは(株)メディアテクノロジー ジャパン。同社が昨年から取り扱いを開始した伊カルテスのレーザーダイカッター「GEMINIシリーズ」を、鈴木睦二担当副部長がカッティングサンプルの回覧と共に紹介した。
フレキソニスやコールド箔加工、ダイカットといった多機能を誇る同機の目玉は、レーザーの照射跡である〝白フチ〟が発生しない、カルテス独自の「ILCシステム」。スミベタラベルのカット口に白いフチがないサンプルに、驚きと感心の声があがった。
 
(2016年5月1日号掲載)

団体

消費者庁は4月10日、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、食品表示法に基づく食品表示基準の弾力的運用を通知。容器包装に表示されている原材料等の原料原産地や栄養成分について、実際に使用されている表示と異なっていたとしても、適正な情報が他の方法で伝達されている場合、該当食品の販売を認めるといった緩和措置を行う。

ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105