日本国内唯一のラベル関連専門紙

HP、毎分80mのラベル向け生産機を開発 HP Indigo「8000」 drupa2016で初披露 フレキソ代替狙う

HP は3月29日、ラベル向けデジタル印刷機の最新機種として、HP Indigo「8000」=写真=を発表した。同機は毎分80mでのフルカラー印刷を実現する機種で、ラベルなどナローウェブ印刷の生産機として開発されたもの。フレキソ印刷機の代替にもなり得る機種として、5月31日(火)からドイツ・デュッセルドルフで開催される「drupa2016」で初披露される。

HP Indigo8000は、現行最新モデルの同「WS6800」2台をインライン化させることで、デジタル印刷の印刷速度をフレキソ機レベルまで上げ、毎分80mでのフルカラー印刷を実現した。これにより、小ロット多品種の限定的なラベル製造だけでなく、ラベル印刷会社のメーンジョブとなる中〜大ロットにも十分対応可能となる。同機が今後、市場に投入されることで、ラベル印刷のフルデジタル化が加速していくことが予測される。
同機は、パントンカラーの97%をカバーするエレクトロインクと、カラーマネージメントツールなどで、ブランドロゴの色の再現性についても万全な体制が取られている。また、リピートジョブの色管理や、大ロットジョブにおける最初と最後の色味合せについても、デジタルならではの特長を生かし、素早く簡単に操作できるようになっている。
同機は、粘着ラベル、紙器、フィルム基材に対応し、最大用紙幅は340ミリ。スクリーン印刷の白の隠性に迫る「プレミアムホワイト」を使用可能。印刷工程としては、インラインプライマー、コロナ処理、乾燥装置、印刷の後、バッファコントロールユニット、検査テーブルを通過したのち、再び印刷、仕上がりという工程を経る。
HP Indigo「WS6800」と同「20000」と同等の機能を持ち、それらの生産現場を補完する機種となる。
後加工については、インライン、オフラインの双方に対応。インラインでは、ABグラフィックの後加工機を接続し、印刷速度に追従する形で、高精度な各種後加工を行う。なお、オフラインでは、同機は毎分150mまでの加工が可能となっている。
同社は前回のdrupa2012で発表したHP Indigo 「10000」と同「20000」同「30000」を世界に300台設置。大手ブランドオーナーとのタイアップキャンペーンも数多く繰り広げており、今後も同様な展開で、同8000も加えて、より生産ボリュームのあるゾーンを狙っていく、としている。
 
(2016年4月1日号掲載)

展示会

Event Image
新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が5月25日に解除され、中止もしくは延期となっていた展示会の日程が明らかになりつつある。なお、2020年下期から2021年上期にかけて、ラベル関連の主な展示会やセミナーは以下の通り。
※2020年9月14日現在、最新の情報はイベントサイトなどで直接確認下さい

ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105