日本国内唯一のラベル関連専門紙

ハイ・アングル 2015年12月15日号

風邪を引き薬を買いにドラッグストアへ。特設コーナーを前に、風邪薬はこんなにあるのかと驚く。それでも知らぬ間に日々情報を受信しているもので、CMのメロディーや固有のキャッチフレーズが棚の中のブランド名と結びつき、手が伸びる▼咳用熱用と、最近はパッケージを見て薬を選べるデザイン提案が増えた。近頃はPOPラベルもそれを支援。その一方で箱の裏、成分表示の面を見ると各社〝温度差〟は明らか。規定通りとは言えカタカナ過多の成分を列記するだけと、情報が完全に埋没した無機質なばかり▼中には色分けして症状と効能成分を記す配慮も。限られた空間で情報を伝えようとするメーカーの姿勢を感じる。安くはない風邪薬を棚から一つ選んで病身の身を委ねるには、耳になじむブランドもPOPラベルもホロ仕様の外箱も、最初のきっかけでしかない。成分表示が「伝えるべきことをちゃんと伝えているか」。購買を決する最大の関心事だ▼では分かりやすさの指標とは。例えば今号終面のアイトラッキングツール。意図した箇所が見られているか・デザインのどこに注目したかという客観的事実をデータが告げる。ほかには第三者認証。㈳ユニバーサル コミュニケーション デザイン協会は、保険や銀行の契約書、自治体の通知書などを評議し、同協会が定めるコミュニケーションデザインの基準を満たすものへ「UCDA認証」を適用する。そこへ今秋、地方の食品加工会社が申請したパッケージが同認証を取得。包装分野から第一号が誕生した▼ラベルは購買を左右する力を持つコミュニケーションツール。発注者の意思を伝えているか、購買の助けとなっているか。答えを求めて今日も情熱を注ぐ。根気よくこの道を歩き続けるコツ、それは風邪同様どちらもよく〝ねる(寝る・練る)〟に限る。お後が宜しいようで。
 
 

市場

一般商業印刷および新聞印刷用の輪転機メーカーであるマンローランド・ウェブ・システムズ(独・アウグスブルグ)は、8月17日付でゴス・インターナショナル(米・ニューハンプシャー州ダーハム)の印刷機事業と合併したと発表した。マンローランド及びゴスそれぞれの商印、新聞印刷、デジタル印刷機など印刷機を中心としたビジネスを継承する新会社の発足で事業拡大につなげる。


ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105