日本国内唯一のラベル関連専門紙

ラベルエキスポアジア2015 高付加価値と品質向上に関心 日本企業も出展

「ラベルエキスポアジア2015」(英ターサス主催)が12月1日から4日間、中国・上海市の上海新国際博覧中心で開催された。主催者によると今回、87カ国から2万1416人が訪れた「同2013」から3.2%増となる2万2104人の来場を記録。展示会場には日本企業の姿も見られ、初参加の70社を含む約300社が出展するなど、中国最大の都市を舞台に繰り広げられた15年を締めくくるラベル専門展は活況を呈した。

 
ラベルエキスポアジアは、2003年から隔年で開催されるアジア最大のラベルとパッケージに関する専門展。9月の「ラベルエキスポヨーロッパ」同様上海でもデジタル印刷と粘着塗工に関するブースは関心が高く、ザイコンをはじめエプソンやSCREEN、ETIといった関連企業による「高付加価値化」提案は一つの関心事となった。
 
ターサスは今後、中国・東南アジアの急速な市場の変化を受け、同エリアのイベントの再編を図る方針。来年12月の開催を予定していた「ラベルエキスポサウスチャイナ」は「ラベルサミットサウスチャイナ」とし、17年予定のラベルエキスポアジアは従来のローカル色を脱して「より国際色の強い専門展へのシフトを目指す」という。
 
(2015年12月15日号掲載)

展示会

Event Image
新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が5月25日に解除され、中止もしくは延期となっていた展示会の日程が明らかになりつつある。なお、2020年下期から2021年上期にかけて、ラベル関連の主な展示会やセミナーは以下の通り。
※2020年9月14日現在、最新の情報はイベントサイトなどで直接確認下さい

ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105