日本国内唯一のラベル関連専門紙

サプライヤー

内田マシナリー商会、刃型圧力調整装置PR 短時間で高精度の抜き加工に

㈲内田マシナリー商会(千葉県八千代市高津、内田裕三社長、TEL047-459-4570)は現在、刃型の圧力調整を数値化することにより、短時間で精度の高い抜き加工を可能にする独wink製ダイカット刃圧力調整装置「フォース・コントロール」を国内のラベル市場に向けて販売展開している。

東洋インキグループ、廃プラ容器包装の革新的再生技術を確立 インキ脱墨・接着剤剥離で

東洋インキグループはこのほど、ヴェオリア・ジェネッツ㈱(東京都港区海岸、野田由美子社長)と共同で、一般廃棄物として排出されるシュリンクラベルやロールラベル、軟包装などのプラスチック製容器包装ごみを対象としたリサイクル促進を目的に、容器包装に使用される印刷インキ成分の除去(脱墨)とラミネート接着剤の剥離に関する技術を確立した。

SCREEN GA、ブルーインク発表 色域の拡大を支援

株式会社SCREENグラフィックソリューションズ(SCREEN GA・京都市上京区、柿田高徳社長、TEL0774-46-6402)はこのほど、UVインクジェット方式のデジタルラベル印刷機「Truepress Jet L350UV+」に搭載できるブルーインク「Truepress ink for L350UV Blue」を発表。日本含むグローバルで今月より販売を開始する。

エイブリィ・デニソン・ジャパン・マテリアルズ、 RFIDラベル2種上市 金属対応型、世界同時発売

米エイブリィデニソンは4月、金属対応型のUHF帯RFIDラベルをグローバルで上市。これを受けてエイブリィ・デニソン・ジャパン・マテリアルズ株式会社(東京都港区海岸、キョン・スー・チャン社長)はこのほど、同ラベルの国内販売を開始した。

ページ

団体

段階的な適用が進む改正食品衛生法の一部が6月1日、施行された。同法における改正内容は7項目で、今年は4項目を実施。すべての食品等事業者を対象とした「国際衛生基準のHACCAPに沿った衛生管理」の制度化が、1年間の移行猶予期間を以て施行された。

展示会

Event Image
新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が5月25日に解除され、中止もしくは延期となっていた展示会の日程が明らかになりつつある。なお、2020年下期から2021年上期にかけて、ラベル関連の主な展示会やセミナーは以下の通り。
※2020年9月14日現在、最新の情報はイベントサイトなどで直接確認下さい

ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105