日本国内唯一のラベル関連専門紙

金曜日, 5月 22, 2020 - 1:10午後
英ターサスはこのほど、9月10日(木)から3日間の開催を予定していた「ラベルエキスポ東南アジア2020」の開催中止を決定した。次回開催は、2022年5月12日(木)から3日間、タイバンコクのバイテックで開催を予定する。   主催者は「...
水曜日, 5月 20, 2020 - 12:30午後
インクジェット(IJ)技術を応用したプリンタ開発、各種ソリューション提案を行うKIT—CC㈱(熊本市中央区南熊本、冨田健二社長)はこのほど、ECサイトを通じた商品販売を行うBtoCビジネスに着手。IJ技術の普及促進を目指し、新領域へ踏み込んだ。...
月曜日, 5月 18, 2020 - 1:35午後
新型コロナウイルスの感染拡大に伴って国内のマスクおよび医療用ガウン不足が問題となっている。このような現状を鑑み、製紙各社がマスク生産の開始を発表した。 王子ホールディングスはこのほど、不織布マスクをグループ会社の新タック化成(株)で生産すると発表した。...
金曜日, 5月 15, 2020 - 11:17午前
蘭ザイコンはこのほど、電子写真方式のデジタルラベル印刷機「Xeikon CX300」を発表。次世代印刷テクノロジー「Cheetah 2.0」を搭載したモデルとなっている。 同機は既存機種「Xeikon CX3」の後継機であり、解像度1200×...
金曜日, 5月 15, 2020 - 10:26午前
英ターサスはこのほど、9月15日(火)から3日間の開催を予定していた「ラベルエキスポアメリカ2020」と併催の「ブランドプリントアメリカ」の延期を決定した。新しい日程は現在調整中で、5月末までに発表する見通し。   主催者のターサスは、出展者と来場者...
金曜日, 5月 8, 2020 - 3:22午後
(株)ミヤコシ(千葉県習志野市津田沼、宮腰亨社長、TEL047-493-3854)はこのほど、軟包装への印刷に対応するフルカラー水性インクジェット(IJ)方式のデジタル印刷機「MJP30AXF」を開発した。印刷品質はもとより、食品安全性やランニングコスト、生産性に対応する機種として、...
1
2
3
4
5
6

ニュース

京セラドキュメントソリューションズ、新デジタル印刷機発表 商業用IJ分野へ本格参入

京セラドキュメントソリューションズ(株)(大阪市中央区玉造、伊奈憲彦社長、TEL06-6764-3555)はこのほど、シートモデルでインクジェット(IJ)方式のデジタル印刷機「TASKalfa Pro 15000c」を発表。同機によって、商業用IJ分野への進出も表明した。

リンテック、蒸着ラベルに「透け感」 シナジー発揮で実現

リンテックはこのほど、金属を蒸着しながら透けて見える〝ハーフ蒸着〟タイプの特殊ラベル素材を開発。1月29日から3日間、江東区有明の東京ビッグサイトで開催された「新機能性材料展2020」で初披露し、国内外に向けて販売を開始した。

ミヤコシ、エントリーモデルの新型オフ間欠機発表 高品位印刷など既存機の機能踏襲

(株)ミヤコシ(千葉県習志野市津田沼、宮腰亨社長、TEL047-493-385)はこのほど、新型のラベル向けオフセット間欠機「MEL13A」を開発した。

Labelexpo Southeast Asia 2020

「ラベルエキスポ東南アジア2020」開催延期

英ターサスは3月4日、5月にタイ・バンコクのBITECで開催を予定していた「ラベルエキスポ東南アジア2020」の開催延期を発表。新型コロナウイルスによる影響を鑑み、会期をあらためて9月10日㈭から12日㈯までの3日間、同所で実施する方針としている。
 

経済産業省、新型コロナ影響の中小支援措置発動

経済産業省は2月28日、新型コロナウイルス感染症によって経営に影響を受けている中小企業ならびに小規模事業者を対象とした資金繰りの支援措置として「セーフティネット保証4号」の発動を決定した。

ページ

団体

消費者庁は4月10日、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、食品表示法に基づく食品表示基準の弾力的運用を通知。容器包装に表示されている原材料等の原料原産地や栄養成分について、実際に使用されている表示と異なっていたとしても、適正な情報が他の方法で伝達されている場合、該当食品の販売を認めるといった緩和措置を行う。

ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105