日本国内唯一のラベル関連専門紙

金曜日, 5月 22, 2020 - 1:10午後
英ターサスはこのほど、9月10日(木)から3日間の開催を予定していた「ラベルエキスポ東南アジア2020」の開催中止を決定した。次回開催は、2022年5月12日(木)から3日間、タイバンコクのバイテックで開催を予定する。   主催者は「...
水曜日, 5月 20, 2020 - 12:30午後
インクジェット(IJ)技術を応用したプリンタ開発、各種ソリューション提案を行うKIT—CC㈱(熊本市中央区南熊本、冨田健二社長)はこのほど、ECサイトを通じた商品販売を行うBtoCビジネスに着手。IJ技術の普及促進を目指し、新領域へ踏み込んだ。...
月曜日, 5月 18, 2020 - 1:35午後
新型コロナウイルスの感染拡大に伴って国内のマスクおよび医療用ガウン不足が問題となっている。このような現状を鑑み、製紙各社がマスク生産の開始を発表した。 王子ホールディングスはこのほど、不織布マスクをグループ会社の新タック化成(株)で生産すると発表した。...
金曜日, 5月 15, 2020 - 11:17午前
蘭ザイコンはこのほど、電子写真方式のデジタルラベル印刷機「Xeikon CX300」を発表。次世代印刷テクノロジー「Cheetah 2.0」を搭載したモデルとなっている。 同機は既存機種「Xeikon CX3」の後継機であり、解像度1200×...
金曜日, 5月 15, 2020 - 10:26午前
英ターサスはこのほど、9月15日(火)から3日間の開催を予定していた「ラベルエキスポアメリカ2020」と併催の「ブランドプリントアメリカ」の延期を決定した。新しい日程は現在調整中で、5月末までに発表する見通し。   主催者のターサスは、出展者と来場者...
金曜日, 5月 8, 2020 - 3:22午後
(株)ミヤコシ(千葉県習志野市津田沼、宮腰亨社長、TEL047-493-3854)はこのほど、軟包装への印刷に対応するフルカラー水性インクジェット(IJ)方式のデジタル印刷機「MJP30AXF」を開発した。印刷品質はもとより、食品安全性やランニングコスト、生産性に対応する機種として、...
1
2
3
4
5
6

ニュース

経産省、新型コロナウイルス感染症、影響を受ける事業者への支援策

経済産業省はこのほど、新型コロナウイルス感染症による企業への影響を緩和・支援するための施策を発表。同省の専用ページにて、支援策を整理するほか、支援策パンフレットで解説している。
 

drupa2020来年に延期で、ラベル新聞社企画「drupa2020視察ツアー」中止

6月20日から5泊7日の日程で実施予定だったラベル新聞社企画の「drupa2020視察ツアー」は、
主催社(メッセデュッセルドルフ)による同展延期の発表を受け、中止となった。
世界中で発生している新型コロナウイルスの影響を受けてのもの。
 

リンテック、環境配慮型製品を拡充 再生PET樹脂100%使用など

リンテックはこのほど、環境配慮型製品のラインアップを拡充。原料に再生PET樹脂を100%使用したラベルを「カイナス」シリーズに追加。また、植物由来原料を表面基材に採用したバイオマスマーク認定取得のラミネートフィルムも、販売を開始した。

ザイコンジャパン、再整備品の新モデルをリリース デジタル印刷の裾野拡大へ 「Xeikon3030 REX」

ザイコンジャパン(株)(東京都文京区湯島、星名勧社長、TEL03-5807-0210)はこのほど、デジタルラベル印刷機「Xeikon」シリーズの新製品を発表。電子写真方式のエントリーモデル「同3030」と同等の機能を有しながら、本体価格を抑えた再整備品「Xeikon3030 REX」を上市した。

ダックエンジニアリング、検査装置「ハイパーダックるん」開発 毎分500mで検出分解能0.14mm実現

ダックエンジニアリング(株)(京都市南区上鳥羽大柳町、氷上好孝社長、TEL075-681-0133)はこのほど、分速500メートルの搬送速度下で検出分解能0.14ミリを実現した超高速対応型の全数検査装置「ハイパーダックるん」を開発した。

ページ

団体

消費者庁は4月10日、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、食品表示法に基づく食品表示基準の弾力的運用を通知。容器包装に表示されている原材料等の原料原産地や栄養成分について、実際に使用されている表示と異なっていたとしても、適正な情報が他の方法で伝達されている場合、該当食品の販売を認めるといった緩和措置を行う。

ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105