日本国内唯一のラベル関連専門紙

市場

「ラベルフォーラム2014」過去最高3,800人超が参加。日本の最新技術、世界へ発信

 シール・ラベルの祭典「ラベルフォーラムジャパン2014」が7月22日、23日の2日間、千代田区丸の内の東京国際フォーラムで開催された。5回目を迎えたラベル専門イベントに、国内は北海道から沖縄まで、海外からは米、英、独、蘭伊などの欧米や中国、ベトナム、韓国、台湾、タイ、シンガポールなどのアジアからラベル業界人が有楽町に集結。

富士通の新RFIDラベル、航空機メーカーエアバスの商談獲得

 富士通は5月14日、同社開発の新RFIDラベルが、エアバス社の航空機部品管理に使用する「RFID Integrated Label」の商談権を獲得した、と発表した。これにより、エアバスの主要な航空機部品に同社の新RFIDラベルが貼付されることになる。

消費者庁、製造所固有記号見直しへ

 法令で義務づけられている食品の製造所所在地や製造者名の表示を、記号で代用できる「製造所固有記号制度」について、消費者庁は、原則として複数の工場で製造される食品に限り認める方向で見直しを検討。4月17日に消費者委員会の食品表示部会で素案を示した。

「日本のラベル市場2014」、特典付き予約締め切り迫る

 ラベル新聞社では2007年から毎年4月1日、ラベル市場を網羅するマーケットブック「日本のラベル市場」を発刊している。今年は、8冊目となる「日本のラベル市場2014」を発刊。全編、当社取材によるデータを基に、ラベル市場を構成するすべての分野を網羅。

化粧品大手のコーセー、北米化粧品タルトを買収

 化粧品大手のコーセーは3月17日、米国を中心に天然由来成分配合のスキンケアおよびメーキャップ製品ブランドを展開するTarte, Inc.(本社:米国ニューヨーク州、以下「タルト」)の株式を取得するため、3月4日付で株式譲渡契約を締結した、と発表した。

ページ

団体

段階的な適用が進む改正食品衛生法の一部が6月1日、施行された。同法における改正内容は7項目で、今年は4項目を実施。すべての食品等事業者を対象とした「国際衛生基準のHACCAPに沿った衛生管理」の制度化が、1年間の移行猶予期間を以て施行された。

展示会

Event Image
新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が5月25日に解除され、中止もしくは延期となっていた展示会の日程が明らかになりつつある。なお、2020年下期から2021年上期にかけて、ラベル関連の主な展示会やセミナーは以下の通り。
※2020年9月14日現在、最新の情報はイベントサイトなどで直接確認下さい

ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105