日本国内唯一のラベル関連専門紙

市場

独W&H社、デジタル印刷機の製品化を加速

フレキソ印刷機などのサプライヤーであるウインドミュラー&ヘルシャー(W&H、独・レンゲリッヒ、ユルゲン・ワッツCEO)はこのほど、パッケージ印刷用のデジタル印刷機の開発に乗り出したと発表した。Xaarヘッドとピエゾインクジェット技術の採用によって、小ロットと短納期への対応を求められているパッケージ印刷のニーズに応えることなどが開発コンセプトとされている。

小森コーポレーション、デジタル印刷機「Impremia NS40」のフィールドテストを実施

(株)小森コーポレーション(東京都墨田区吾妻橋、持田 訓社長)は、ランダ社のNanography技術を採用した枚葉デジタル印刷機「Impremia NS40」のフィールドテストを2019年春に日本で実施の予定と発表した。

デジタ、印刷通販の取扱品目に紙器パッケージを追加 紙器1個からの製造体制を確立 求人情報サイトも立ち上げ多展開

印刷通販サイト「デジタ」を運営する(株)デジタ(岐阜県恵那市大井町、藤下和也社長、TEL0573-25-2340)は先ごろ、取り扱い品目に紙器を加えて、ラインアップを拡充。独自の製造ノウハウを確立し、1個からの製造にも対応する。

流開センターなど、バーコードで多言語表示 訪日外国人へ正確な商品情報提供

(一財)流通システム開発センター(林洋和会長)はこのほど、訪日外国人向けにメーカー発信の正確な商品情報を多言語で提供することを目的とした「多言語商品情報提供サービス」を開始したと発表した。

インクジェット印刷の世界市場、2023年に1,000億ドルの大台突破

印刷業界向けに技術情報の提供などをしているスミザーズ・ピラ(Smithers Pira、英・サリー州)はこのほど、「2023年までのインクジェット(IJ)印刷の将来(The Future of Inkjet Printing to 2023)」と題した調査レポートを公表した。

ページ

団体

消費者庁は4月10日、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、食品表示法に基づく食品表示基準の弾力的運用を通知。容器包装に表示されている原材料等の原料原産地や栄養成分について、実際に使用されている表示と異なっていたとしても、適正な情報が他の方法で伝達されている場合、該当食品の販売を認めるといった緩和措置を行う。

ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105