日本国内唯一のラベル関連専門紙

市場

4月1日から総額表示義務始まる 財務省、消費者の購買行動を支援

8%、10%と2度にわたる消費税率引き上げで、事業者の負担を考慮して設けられていた特例期間が2021年3月31日㈬を持って終了する。翌4月1日㈭からは消費税の「総額表示方式」施行により、商品の総額表示が義務化される。同制度は、消費者に対して商品やサービスを提供する課税事業者が行う価格表示を対象とするもの。

イリス、2月9日、16日にデジタル印刷機「DURST」ウェビナーを開催

㈱イリス(東京都品川区上大崎、フランク・オーバンドルフ社長、☎03-3443-4111)は、「DURSTデジタル・デイ」と称した視聴無料のオンラインセミナーを開催する。

消費者庁、食品表示の実証実験開始 ラベルの表示内容をスマホで

消費者庁は現在、スマートフォンやタブレット端末のアプリケーションを活用した食品表示の実証調査を行っている。パッケージに付されたバーコードをスキャンすることで、データベースから表示ラベルに記載される原産国情報や食塩相当量、アレルギー情報などを取得するというもの。

ザイコン 新機種の発表を続々 IJモデルと加飾機をリリース

ザイコン(ベルギー)はこのほど、ラベル分野に向けた新製品のデジタル印刷機と加飾機を相次いで発表。ラベル製造の高生産性・高意匠性の実現を支援している。

ページ

市場

8%、10%と2度にわたる消費税率引き上げで、事業者の負担を考慮して設けられていた特例期間が2021年3月31日㈬を持って終了する。翌4月1日㈭からは消費税の「総額表示方式」施行により、商品の総額表示が義務化される。同制度は、消費者に対して商品やサービスを提供する課税事業者が行う価格表示を対象とするもの。


ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105