日本国内唯一のラベル関連専門紙

展示会

文具女子博、マスキングテープの新ツールが大賞に輝く デザイン+αな機能が魅力

「文具女子博2020」(文具女子博実行委員会主催)が11月27日から3日間、東京都大田区平和島の東京流通センターで開催。ラベル印刷会社各社も出展し、デザインや機能性を付与したシール、テープなどを披露した。

コンバーティングテクノロジー総合展、衛生・環境対応に関心 新製品開発を支援する提案も

「コンバーティングテクノロジー総合展2021」(㈱加工技術研究会主催)が昨年12月9日から3日間、江東区有明の東京ビッグサイトで開催された。多彩な素材と加工技術が一堂に介する中ラベル関連の製品も並び、会期中1万615人が来場した。

drupa2021、“リアル”展の中止、オンライン展「virtual.drupa」のみで開催

2021年4月20日(火)から9日間、独・デュッセルドルフ見本市会場で開催を予定していた展示会
「drupa2021-国際印刷・メディア産業展」(メッセ・デュッセルドルフ主催)は、
新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、中止を発表した。
 

日本経済新聞社、持続可能な社会へ 「エコプロ」オンラインで

「エコプロOnline2020」(日本経済新聞社主催)が11月25日㈬から4日間、オンライン上で開催される。「SDGs Week Online」の一環として実施される同展は、ウェブを介して持続可能な社会の実現に向けた取り組みを紹介していく。

ページ

市場

8%、10%と2度にわたる消費税率引き上げで、事業者の負担を考慮して設けられていた特例期間が2021年3月31日㈬を持って終了する。翌4月1日㈭からは消費税の「総額表示方式」施行により、商品の総額表示が義務化される。同制度は、消費者に対して商品やサービスを提供する課税事業者が行う価格表示を対象とするもの。

紙面から

▼先月、英国グラスゴーを舞台に各国首脳らが議論した「COP26」。具体性や実効性に乏しいと評される中、米中が「共同声明」を発表した。海面上昇や気温上昇と、国境を越え世界に影響をおよぼす気候変動問題。政治面の緊張関係を越え、CO2の国別排出量1位と2位が気候変動対策強化を宣言した


ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105