日本国内唯一のラベル関連専門紙

会社案内

 

ラベル新聞社は、1968年に「ラベル新聞」を創刊以来、ラベル業界と共に歩んできたユニークな専門紙を発行する企業です。

会社名 ラベル新聞社 Label Shimbun Co.
営業内容 ラベル新聞の発行ほか
創刊 1969年6月1日
代表者 田副  徹
編集人 上田 勇人
所在地  〒101-0031 東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F
TEL/FAX TEL:03-3866-6577  FAX:03-3866-0105
新聞判型 ブランケット
新聞発行日 月2回刊 毎月1日・15日
新聞発行部数 18,750部
取材エリア 国内全域・海外(欧米・アジアなど)
第三種郵便物認可 1969年9月30日
ISSN 1349-6220
販売形式 直販
購読料 16,500円(年間・税/送料込) 1部700円

 

ラベル新聞編集長 上田 勇人(うえだ はやと)

 
ごあいさつ
 この老木の樹齢は数百年。赤子にも等しい私にできることは、この木の長い歴史の一部に少しだけお手伝いするくらい――。齢八十を優に越える高名な造園家が、あるとき自身の仕事についてこう言いました。
 
 業界各位が花木ならば、ラベル新聞は土であれ。
 大地に根を張り、越冬の後萌芽し、風雨に耐え開花して、実を結び次代へ種を遺す。連綿と続くシール・ラベル印刷業界と、そこで歴史を紡ぐ企業の生命の循環を、本紙は半世紀以上にわたって報じてきました。いつの時代も大地に“希望”という栄養を与え、枯れることなく土を肥沃にしてくれるのは、不断の努力を惜しまない業界各位にほかなりません。
 
 大輪の花を咲かせ、成長の果実を収穫し、永く歴史に根を張ってほしい。空位だった編集長の職へ四半世紀振りに就くにあたり、願わくは歴史のわずか一瞬でも、業界各位の役に立ちたい。社会の公器に従事する者として大地を護る使命に燃え、粒粒辛苦して日々土を耕してまいります。
 
2022年6月1日
 
略歴
2007年、ラベル新聞社入社。2012年にサブデスク、翌2013 年、デスク就任。「特殊印刷のユニバーサルデザイン」「点字ラベル特集」「データで視る業界『ファクトブック』」を担当するなど、社会に求められるシール・ラベルの在り方を考究。近年では「コンビニ電子タグ1,000 億枚宣言を詠む」など、Connected Industries やSociety 5.0といった未来社会に向け、社会課題の解決に資するスマートラベルの可能性を追う。2022年6月から現職。

展示会

 「第64回インターナショナル プレミアム・インセンティブショー秋2021」(㈱ビジネスガイド社主催)が2021年9月8日から3日間、東京都豊島区東池袋の池袋サンシャインシティ・コンベンションセンターで開催された。コロナ禍の消費者行動や価値観の変化を捉えた提案が並ぶ中で、シール・ラベルのほか、印刷技術を活用した製品に関心が寄せられた。


ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105